5/10 – 5/12 ZINE MEETING @DESIGNING? に参加します!



デザイニング展期間に合わせ、平尾に新しく出来たアートスペースFUCAにて
ZINEを考える・ZINEに出会うをコンセプトにしたイベント「ZINE MEETING」に参加します!
「10zine」の他にも、アジア最大の規模を誇るアートブックフェア[THE TOKYO ART BOOK FAIR]
を主催する『ZINE’SMATE』、天神のVIOROにあるお洒落なカフェに併設した本と雑貨が素敵な
『cafe & books bibliotheque』も展示・販売を行います。

10zineの求zineも展示しますので、それも合わせると500冊程のジンが集まりそうです!
福岡でZINEやアートブックをコンテンツにしたイベントはあまりないのでとても楽しみです!

期間中には、東京・青山にある「UTRECHT(ユトレヒト)」のオーナー江口宏志さんを
迎えてのトークショーもありますので是非ご参加ください!
(10zineメンバーも参加しますよー。)

又、5月7日〜13日の間は、デザイニング展も開催されていて、
ちょっとお勧めを紹介しようと思ったのですが、、お勧めが多過ぎて、、
面白い展示やトークショー、ワークショップにライブが行われていますので
ぜひウェブを覗いてみてください!(ちなみにウェブ担当されたのは10zineメンバーのミサコさん!)



ZINE MEETING @DESIGNING?
期間:5月10日(木)~5月12日(土)
場所:FUCA (-Fukuoka Urban Community of Art-) http://fuca.asia/
福岡市中央区平尾3-17-13
時間:11:00~20:00


■ZINE’S MATE SHOP
UTRECHT & PAPERBACKが主宰するzine、artbookに関する活動を行うレーベル
ZINE’S MATEによるショップが出展。
ASIAN ZINESをテーマに、アジア各国のZINEや雑誌を販売します。
http://zinesmate.org/

■10zine
10zineのメンバーが、制作したzineの展示・販売。
又、全国のzine作家の方が作られたzineをお借りして展示する、小さな小さな図書館も展示。
http://10zine.org/

■cafe & books bibliotheque art book SHOP
天神の商業施設VIOROにある「本屋と食堂」をベースに本やアートの
情報発信を行うカルチャーミックスな
都心のカフェcafe & books bibliothequeのアートブックショップが出展。
http://www.bibliotheque.ne.jp/



■トークイベント
「セレクトブックショップ UTRECHT ができるまで。リトルプレスの愉しみ」

5月12日(土曜日) 
時間:20:00~22:00
会場:FUCA 福岡市中央区平尾3-17-13  
参加費:1,500円
ゲスト:江口宏志 コーディネーター:加藤孝司

「本で人と街をつなぐ」をテーマに、トークショーを開催します。
ゲストに東京・青山にあるセレクトブックショップ「UTRECHT(ユトレヒト)」のオーナーである
江口宏志氏を招き、加藤孝司(本トークショーコーディネーター)をファシリテーターに、本と人、
街をつなぐ対話の場をデザインします。
「UTRECHT」は、書籍やアーティストブックの販売にとどまることなく、アーティストによる自己表現と、
コミュニケーションツールとしてのZINE=リトルプレスの可能性にいち早く着目し、日本だけでなく、
世界中のZINEを紹介してきました。ユトレヒトと江口氏の存在は、価値とその評価軸が多様化した現代社会に
おいて、本をツールにしたコミュニケーションのあたらしいひとつの価値観を提示し、本と人と社会を結ぶメディア
にもなっています。
本トークショーでは、その周縁と核心の部分を、お酒をのみながらゆる~く、楽しくお話いたします。
トークショーの第一部は江口宏志氏の活動に着目し、UTRECHT、ZINE’S MATE、そしてnomazonと、
いずれも本に関連する活動ながら、異なる考え方に基づいているそれぞれについてお話をうかがいます。
第二部は、江口宏志氏と、福岡を拠点に本にまつわる活動を展開するゲストとともに、
リトルプレスの楽しみかた、本がつなぐコミュニティ、本をめぐる活動の可能性をさぐります。
ぜひ会場に足をお運びください。(文:加藤孝司)

江口宏志 HIROSHI EGUCHI
セレクトブックショップ「UTRECHT(ユトレヒト)」代表。日本で初めてのアートブック・フェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR」、新しい体験・共感型モノづくりイベント「D・Y(ディーアイワイ)」や、アマゾンにない本だけを集めた仮想ブックショップ「nomazon」の企画・運営などを行う。

加藤孝司 TAKASHI KATO
デザインジャーナリスト。デザイン・建築・アートなどを横断的に執筆。「伝える」をキーワードにトークショーなども企画している。2011年より、デザイナー、
編集者とともに『何に着目すべきか?』を共同主宰。本や批評、場にまつわる活動を展開する。その他の活動に『Hiroshima 2020 Design Charette』など。


ご予約・お問い合わせ
カフェ&ブックス ビブリオテーク福岡・天神 担当:石井
092-752-7443
bibliotheque_ft@cpcenter.net


主催:DESIGNING? , 10zine
協力:FUCA , ZINE’S MATE , cafe & books bibliotheque